yohjizzz's Blog

I'm a Programmer.

フル機能はないが「それが何か?」

Google AppsにMicrosoft Officeのようなフル機能はない。特に、PowerPointに対応する機能はない。
しかしそれ以外は、基本的な日常業務をこなす上で、Google Appsはほとんどのユーザーに必要な機能を提供してくれる。


 マクロを多数使った高度なスプレッドシートGoogle Spreadsheetsで扱えるだろうか? 扱えない。
では、従業員の経費報告書作成は? 作業時間計算表は? 部門予算は? こちらは全部できる。


 ではコストを考えてみよう。Google Appsは1アカウント当たり年間50ドル。
Microsoft Office Professional 2007にアップグレードすれば最低でも329.95ドル。
もちろん、幾つか割引はあるが、50ドルに近い値段で正規版を手に入れることはできそうにない。


 Office、特にOffice 2007では、最初に払う料金は氷山の一角にすぎない。
Outlookの真価を発揮させるためにはExchangeが必要だ。
IMのためにはLive Communication Serverがいる、といったようなことだ。
つまり、マイクロソフトに固執すれば経費がかさみ、それは増えるばかりなのだ。


 もちろん、Google Appsより安い選択肢もある。わたし自身はOpenOffice 2.xが気に入っている。
いや、これもOffice 2007と同じ機能をすべて持っているわけではない。
マイクロソフトインフォメーションワーカー部門の事業戦略担当ジェネラルマネジャー、アラン・イェーツ氏がしばらく前に言った通り、
OpenOffice.orgは1年前のMS-Officeのようなものだ。わたしの答えは当時も今も変わらない。「それが何か?」


 ただし、OpenOfficeは自分のPCにインストールしなければならない。
Google Appsなら、ユーザーに新しいオフィススイートのURLを教えるだけで済む。

Google AppsはMicrosoft Officeキラーになるか − @IT

ネットの「あちら側」がどんどん充実していきます。