yohjizzz's Blog

I'm a Programmer.

スタックとして。部品として。

BeansあればS2Dxoイラネっていうなら、だったらコンテナに入っていてほしくないわけです。
逆にS2Dao使ってれば新しいS2JDBCなんていらんのでコンテナに入っていてほしくない。
コンテナそのもののメンテナンスでバージョンが上がるのか、
DxoJDBCなどのために上がるのかという切り分けが出来ない。
使ってない部分のためにバージョンをあげるのはリスクです。
部品としてのレバレッジが弱いというのはそういうことです。

2008-02-03 - 2008年のはぶにっき(JSF云々に思うこと)

これにも同意かな。
少なくとも部品のレバレッジ効かすって観点は重要だとは思う。
部品を組み合わせるメリット・デメリットと、あらかじめパッケージングして
配布するメリット・デメリットのバランスについてのひがさんと羽生さんの意見の相違だとは思いますけどね。
全部パッケージングして配るというのには、S2.4を使っているならS2JDBCを使ってよという明確な意図があるとは思う。

2008-02-03 - おおたに6号機のちゃかつかない話(続々Teedaのメリット・デメリット)

「部品として〜、スタックとして〜のバランス」って話になるんであれば正解なんてのはないのだろうけど、、
複数のクリティカルなシステムで S2Dao をガンガン使ってる立場としては、
正直 S2JDBC の為の S2Container のバージョンアップってのは確かにツライとこではある。

S2.4を使っているならS2JDBCを使ってよという明確な意図があるとは思う。

そうなのかな??フロントが Teeda であるならば、
やっぱり S2DaoS2Dxo(場合によっては Beans で事足りるけど)は必需品に思える程、相性が良いと思うんだけど。

Teeda + S2Dao(with S2Dxo)」と「SAStruts + S2JDBC(with S2BeanUtils)」ってのは、
アプローチは大きく異なるし、立ち位置(役割)は被るけど、どっちもメインストリームであって欲しいな。

#時間がたっていくうちに片方がブレイクして、片方が廃れていくことはあるかもしれないけどw