読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yohjizzz's Blog

I'm a Programmer.

要件定義と SIer

SIerがディフェンシブにならざるを得ないのは「要件定義」というプロセスそのものにあるのではないか、
と最近思いはじめました。
要件定義が基点となって「我々は今回こういうものを作るのです」という取り決めを行いその器の大きさで金額が決まる。
一度決められた器を変えることは許されない。
もちろん一般的には「あなたのやりたいことはXXXなので、
お見積もりをしたらこれだけかかりますのでよろしくお願いします」というのは正しいのだが、
SIビジネスはそれによる弊害ばかりが目立ってしまう。人月しかり、仕様変更しかり・・・。
そう、実は要件定義なんて必要ないんだよ。少なくとも必須じゃないんだよ。本質的じゃないんだよ。

Service Integratorになれる日が来るのだろうか - GoTheDistance

言い方を替えれば、ディフェンシブにいきたいから「要件定義」がある。
ディフェンシブにいきたいから「最初にがっつり要件定義」で枠組みをコンクリート詰めにしてしまう

要件定義を最初に「がっつり」ヤルことは決して悪いことだとは思わない。
お客様の求めているコトを理解するのはそんなに簡単ではないから。


問題なのは、
お客様の「要件」という生き物のように変化するものを最初に掲げあげてしまい、
その後、オフェンシブに動けない契約形態 (お客様との関係や協力会社との関係) や開発体制にある。

なんて偉そ〜に思っている次第ですw